スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女装について思うこと

ここ1,2週間でかなり女装しまくったと思う。

家を出るときから既に女装、昼間から女装、女装で街を歩く、プロパガンダへ行く、女装でプリクラを撮る、など。

かなり女装に慣れてきたと思う。

街中で、自分の知らない人に女装がばれたところで、クスクス笑われるか、心の中で「気持ち悪い」と思われるか、自分が通り去った後で「今のオカマじゃない?」と噂されるか・・・その程度でしかない。

何の実害も無いという事がだんだん身に染みてきた。

そして、かなり余裕が出てきて、すれ違う人の表情を、少しずつでも見られるようになってきた。

もちろん、怪訝な顔で見てくる人も居る。

しかし相手の表情だけでは女装がばれたのかどうか判断は出来ない。

その場で「あ、女装」って言ってくれれば分かるが、怪訝な顔をされただけだと、男と見破られたのか、それとも女だと思われていたが、やけにデカイなとか、化粧が濃いとか、いい歳してミニスカ履きやがってとか、そういう事で怪訝な顔をされたのかも知れないし、正確なところは分からない。

勝手に自分で判断するべきでもないと思う。

あまり「お、いい女だな」という感じの目線は無かったと思うが、それももっと通りすがりの人の表情を平気で見られるようになってみないと分からない。

まぁ、昼間秋葉原を女装で歩いた印象としては、かなり「見破られていた感」があったけど。

それから女装のお店とか、女装だけで集まるプロパガンダみたいなイベントに今までは多少距離を感じていたけど、女装同士で交流する事も大事だなって感じました。

自分よりも、全然女っぽい人は大勢居るし、女にしか見えない人も居れば、男にしか見えない人も居る。

自分よりも女っぽい人でも、やっぱり良く見れば男だと分かる。という事は、私なんかは尚更男だとバレバレだって事です。

この人ですら男ってばれるんだから、私なんか尚更・・・って。

そういう事が分かるのも女装同士で交流すればこそだと思ったんですよね。

女装だけで固まると、赤信号みんなで渡れば怖くない的な感覚になって、自分が男に見えるか女に見えるかの感覚が鈍るんじゃないか?っていうのが不安材料だったんですが、逆に女装同士で交流する事で、他の女装の人を通して、自分を客観的に判断できるようになるんじゃないかと、今はすごく肯定的に考えてます。

とにかく、今まで机上の空論で「私の女装は○○だ」って決め付けてましたけど、理論よりも、まずはもっと女装しまくる事が先決だと思いました。
スポンサーサイト

プリクラ撮ってきた

先日、プリクラを撮ってきました。人生2度目のプリクラです。

pric1.jpg

秋葉原の某ゲーセンへ行って撮って来ました。日曜の夜7時か8時ぐらいだったので、プリクラコーナーは人がまばらでした。

とりあえず、開いてるプリクラに入って代金400円を投入(一人で撮ると400円って高く感じますね)。

そういえば髪型を直していない・・・と気が付いてももう遅かったです。

次々に機械がポーズを指定してきて、考える間もなくシャッターが切られます。

こんなに展開速かったっけ?

でも、出来上がった写真を見て驚きました。

補正がすごい。実物の私はこんなにかわいらしくないよ。

目の周りなんか、こんなにくっきりアイライン引いてないし。

pric2.jpg

そんなわけで、女装プリクラ作戦は大成功です。

次は、誰かと一緒に撮りたいですね。

プリクラの機械が、ポーズを色々指定してくるんですが、全部二人一組のポーズなんですよ。

フレームも二人で丁度収まりがいい感じだし、落書きコーナーも二人分の画面があるし。

オリジナル曲「娘の制服」

初音ミク版作りました。


10/29は、ニコファーレへ行って来た。

率直に思ったのは、4方にコメントが流れるので、

ある意味スタジアムで、客席から応援なり野次なりを飛ばされている感覚に近いなと。

残念ながら前半のユーザー説明会のほうに出なかったのは大失敗。

後半の動画垂れ流しのほうは、全くニコファーレの機能を有効活用してなかったし、ほとんどがホモ動画を改造したものだった。

とりあえず、どんな場所かだけを見学に行って来た感じですね。

過去の説明会の様子はこんな風だったみたいですね。

http://live.nicovideo.jp/watch/lv61319227

こんどニコファーレ対応型の動画を作って、もし次に開放デーがあったら流しに行きたいなぁ・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。