スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作詞「娘の制服」

結婚してから20年 娘は今年で17歳
ギクシャクした日もあったけど 
人もうらやむ円満家族
 
娘は今夏休み 友達同士で沖縄旅行
二泊三日の三日目 娘はまだ帰ってこない

開けてしまった禁断の扉 娘の部屋
壁にかかった悪魔の囁き 娘の制服

娘はまだ帰らない 女房も今出かけてる
時計は刻む 午後の九時 

私の中の 魔性が目覚める

スカートに通す足 結ぶ制服のリボン

鏡を見れば 映る自分の姿

駆け出さずにはいられない

娘の制服着て 玄関のドア蹴り開けて
気にしないわ近所の目 だって今だけ女の子

娘の制服着て 娘の下着履いて
スカート揺らす風が 股の間を吹き抜ける

娘の制服着て 私を照らし出すヘッドライト
車も思わず かける急ブレーキ

娘の制服着て 目の前 せまる 交番
駆け出した心は もう誰にも止められない
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。